ハイドロキノン 市販化粧品の効果|クリームと化粧水通販で買うならどっち?!

ハイドロキノン

ハイドロキノンは漂白剤&美白剤

 

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素 の合成を阻止する働きがあります。

 

ハイドロキノン案内

 

ハイドキノンはアメリカでは美白と言えばハイドロキノンが代表的な美白成分でした。

 

日本でわ、ハイドロキノンは強いお薬なので医師の管理下の元で処方されていましたが、2001年の規制緩和により、メーカー責任の元で化粧品に使用されるようになりました。

 

 

 

ハイドロキノンとは?

 

現像していた人の肌が白くなったことから美白作用のあることが発見されまたイチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分ですが、還元作用があり写真の現像に使われています。

 

その効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍〜100倍といわれています!

 

皮膚科やクリニックの治療でも使われるハイドロキノン

 

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素 の合成を阻止する働きがあり、シミやニキビ跡の色素沈着や医療ではレーザー後の色素沈着に対して効果が高く、非常によく使われています。

 

ハイドロキノン単独でも効果があるといわれていますが、ピーリングやレチノイン酸と併用して使われることも多いようです。

 

ハイドロキノン製剤を浸透性を高め製剤技術により開発されています。

 

ハイドロキノンクリーム手に塗る

 

ハイドロキノンは、どんなシミに効果があるのか

 

肝斑(かんぱん)

 

肝臓の色に似た褐色のシミで、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れます。肝機能とは関係ありません!

 

原因は女性ホルモンのバランスの崩れが原因と考えられています。

 

主にハイドロキノンなど外用剤が使われます

 

 

気を付けないといけないことは

 

レーザー治療では治らず逆に色素が沈着してしまうことがああります、なので主にハイドロキノンなど外用剤が使われます。

 

肝斑は紫外線に反応しやすいため日常的に紫外線を避けることが必要です。

 

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

 

一般にソバカスとよばれています。

 

両頬や鼻の上にメラニン色素が異常増殖または色素沈着することによって起こります。

 

遺伝的なものです

 

 

ハイドロキノンで、気を付けること

 

紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、数が増えたりしますので紫外線からお肌を守ることが大事です!

 

 

炎症後色素沈着

 

ニキビ跡の色素沈着の改善とレーザー後の色素沈着の予防に多く使われています。

 

又アトピー性皮膚炎患者の色素沈着の改善に使うこともあるようです。

 

 

日光黒子(老人性色素斑)

 

中年以降の人の顔や手の甲、前腕など日光に長期間当たる部位に主に発生します。この症状は男女関係なくみられます。

 

ピーリングやレーザーと併用するとさらに効果的です。(中年以降に人に多いためキツイピーリングはお奨めしないですが)

 

アメリカでは4%以上配合されたものは処方箋薬でハイドロキノンの使用にあたっては専門の医師とよくご相談の上、正しく使うことをお奨めします!

 

最近では、色々なメーカーの商品にもハイドロキノンが使われてきていますが今は既にハイドロキノンは厚生労働省の認可の元での配合なので安心してご使用できます

 

強い美白効果がありますので、日中は紫外線カットもお忘れなく

 

ハイドロキノンの化粧品は、トレチノインの成分の含まれたクリームと使うと、さらに効果的なんですよ。

 

 

 

美白の豆知識コーナー

 

美白化粧品を使って本当にシミは消えるの?

 

シミを薄くしたい!お肌が白くなりたい!

 

今迄色々な美白スキンケア商品を、すすめられるままに使ってはきたものの、効果が全く実感できない!

 

本当に美白してくれる美白化粧品ってあるのかしら?を検証しましょう

 

 

美白とシミケアに使うスキンケアは同じです

 

美しいお肌を想像するとき、シミひとつないお肌を想像しないですか?

 

美しいお肌とは影のない、澄み切った真っ白な雪のようなお肌を連想しますよね

 

美白化粧品はこれらの願いを叶えてくれそうですが、中々美白とは効果を感じることが出来ないですよね!

 

まずは自身のお肌のシミは、どのようなシミなのかをしっかり把握しましょう

 

シミの種類

 

シミの種類は4タイプ

 

自身のシミが何処に、どのように見えてるかをしっかり把握して正しいお手入れをする事が美白への近道なのです

 

「老人性色素斑」

 

一般的に1番多いシミで頬やこめかみに丸く出来るシミのことをいいます

 

原因は

 

長年蓄積された紫外線の影響でメラニンが増えて薄茶色から茶褐色のシミとしてでてくるもの、またお肌の色むらによりシミのように見える

 

 

「炎症性色素沈着」

 

あご下にできやすい

 

原因は

 

虫刺されや、ニキビや傷等で茶色く残ったもので、つぶしたニキビ等が茶色くなり色素が残った状態や、使ってる化粧品が合わなくてお肌に拒否反応が出たのに関わらず無理にスキンケアを使った時も、このような色素沈着になる場合もあります

 

 「雀斑斑」そばかす

 

特に鼻周りに小さくできる

 

原因は

 

多くは10代に出来るが遺伝的なもので、鼻を中心に小さく散らばってきますが年齢と共に薄くはなります。

 

 「肝斑」

 

左右対称でもやもやとしたシミ

 

原因は

 

頬骨を中心に左右対称に出来るシミ

 

女性ホルモンのバランスによるもので、肝機能障害とは違います

 

最近は生活環境やストレス、食生活のバランスにより、シミを作らせる要因としても考えられます

 

 

でわ、どのようにしてシミが出来るのかメカニズムを知っておきましょう


 

シミが出きるのは紫外線からお肌を守ろうとするお肌の防御反応です

 

シミを作らせる細胞「メラノサイト」という、枝を伸ばしたような色素細胞があります。

 

紫外線を浴びたり、刺激を受けると情報伝達物質が「メラノサイト」に伝わり防御反応からチロシナーゼという酵素活性化してチロシンというアミノ酸に働きかけ、チロシンが白色から黒色のメラニンに変化してこの黒色がシミとして見えるのです。

 

メラニンの生成を抑えるシミケア化粧品(美白化粧品)を早くからつかっておくのが良いでしょう

 

 

美白化粧品を使う前に知っておきたい美白成分のおすすめはこれ!

まずは「医薬部外品」かどうかを知る

 

  • 美白化粧品には「医薬部外品」のそうでない商品があります
  • 「医薬部が品」としては厚生労働省の認可を受けた成分が配合された商品のみにひょうじされています
  • 「安全性と効果を認められる有効成分が安全性や所定量や感触に優れた処方で配合されていること」

 

という厳しい条件のもと商品化された化粧品のことを言います

 

 

でわ、これらの厚生労働省認可美白成分は?


 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCを安定化させ、皮膚に浸透しやすくしたもの。メラニンを還元する、活性酸素を抑えるなどの働きがある。

 

アルブチン

 

メラニンができる際に働く酵素チロシナーゼの働きを阻害することでシミを防ぐ。

 

トラネキサム酸 

 

肝斑の治療薬にも配合されている美白成分。酵素チロシナーゼを分解する作用がある。

 

コウジ酸 

 

コウジ菌から生まれた美白成分で、チロシナーゼの活性を抑える。

 

プラセンタエキス 

 

動物の胎盤から抽出された成分 アミノ酸やビタミンなどを含んでいてメラニン生成の抑制、代謝促進などの作用を持つ。

 

エラグ酸

 

ブラックベリーやイチゴなどに含まれる成分 抗酸化作用があり、(活性酸素)チロシナーゼの働きを抑制する。

 

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

 

メラニンを抑制し、ターンオーバー(新陳代謝)を改善することで、メラニンを含む古い角質を落としやすくする。

 

カモミラET
 

 

カモミールの抽出成分で、情報伝達物質エンドセリンを抑制します

 

ハイドロキノン
 

 

もともとは皮膚科などでしか扱われていなかったのが、市販の美白コスメにも配合できるように。光酸化に弱いという性質がある。

 

 

以上代表的なシミ化粧品に含まれている美白成分です。

 

これらが配合している成分の美白化粧品をおすすめします

 

 

敏感肌の人は美白化粧品を選ぶときは慎重に!

 

美白化粧品には「医薬部外品」と記されてる商品が多いですが、それらの成分に微妙にお肌が反応する場合が多々あります

 

美白化粧品(スキンケア商品)は化粧品と医薬品との間の商品なので、若干お薬的な効果も期待できる商品なので、選ぶときは吟味するのがよいでしょう。

 

特に敏感な人には美白化粧品(スキンケア)にはクリームタイプが刺激が無くおすすめします!

 

 

美白化粧品のおすすめポイント

 

 どんな有効成分が配合されてるか、美白成分 アンチエイジングに効果がある抗酸化成分や保湿成分等々が目的に応じて配合されているかをしっかり把握して使いましょう

 

基本は食生活と睡眠と適度な運動!

 

美肌になるご飯

 

女性の美しいは外見だけじゃなく、内側からも意識をもって働きかけてこそ美肌へと繋がります。 

 

バランスのとれた食生活を心がけることで内側から美肌を目指しましょう〜

 

 

抗酸化野菜で美白美人に・・・

 

ビタミンCやBカロチン(緑黄色野菜)にも抗酸化作用があり、美白肌には欠かせない食べ物です

 

じゃがいも かぶ レンコン キャベツ さつまいも もやし等

 

 

肉・魚を!炭水化物よりたんぱく質・・・

 

最近ダイエットで肉を食べない人が多いですが、間違いです!

 

炭水化物を減らすことがダイエットには大切ですが肉や魚を食べなければお肌細胞を作るたんぱく質が不足するのです。

 

その分、モモ肉やささみを・・・また魚を食べるようにしましょう

 

 

アンチエイジングは、サプリより食べ物で!

 

シワやたるみに等の肌老化を防ぐためには大豆が(イソフラボン)欠かせない方が良い大豆やとうふを毎日採るとアンチエイジング効果大!

 

 

お肌タイプ別でこれを採ると美肌効果大!

 

 

1、乾燥肌

 

わかめ ひじき こんぶ のり等

 

2、くすみ

 

しょうが 豆乳 納豆 豆腐

 

3、ニキビ

 

ハトムギ 玄米 大根 梅干し

 

そして質の良い睡眠!

 

質の良い睡眠は美肌のごちそう!

 

 

美肌は質の良い睡眠で・・・

 

私たちの細胞は夜寝てるときに生まれ変わります

 

寝入りばな90分、交感神経が働き副交感神経に入れ替わり、私たちの肌細胞の再生をおこなっています

 

睡眠不足は、この細胞の再生がうまくいかず、肌荒れの原因になるのです。

 

出来るだけ決まった時間に寝て決まった時間に起きるのが1番ベストな肌をつくるのです。

 

運動はターンオーバーの改善!

 

運動不足になると血行や代謝が悪くなり頭痛や肩こり、腰痛や便秘・・・そして肌荒れ

 

それらの引き金になるのが運動不足からです

 

運動をしていると代謝もあがり・・・血液の循環がよくなり(微小循環・・動脈が栄養と酸素を運び静脈が老廃物と二酸化炭素を排出する・・・)健康な肌へと繋がります。

 

この微小循環がスムーズなるようにも運動は大変良いのです!

 

 

美白美肌は・・・

 

美白化粧品はもちろんですが、美肌は食生活と適度な運動と睡眠です。

 

しかし、私たちは実際には、これらが出来ないため、補う為にスキンケア商品があるのです。

 

目的に合った美白化粧品おすすめ商品選びには、目的に合った美白商品を選びましょう!